主宰のプロフィールです

大坪紀子。大学生の頃からバリ舞踊を学ぶために短期のバリ島滞在を繰り返したのち199510月から1998年3月までインドネシア国立芸術大学デンパサール分校舞踊科に留学。学外でもさまざまな舞踊家に師事。兵庫教育大学大学院修了。現在も毎年バリで研鑽を積む。
摂南大学外国語学部、神戸市外国語大学、大阪国際大学「インドネシア語」非常勤講師。EPAインドネシア人看護師・介護士候補生チューター(海外産業人材育成協会関西研修センター)

 

以下はもう1つかもう2つの私についてお伝えいたします。

 

昔からクラシック、ロック、ヒップホップ、テクノをはじめどんな音楽でも好きだったのですが、

ここ数年はバリのパンク・バンドやバリのDown Beat(いわゆるレゲエやSka)、バリのグランジなど、バリのポピュラー音楽もお気に入りです。

インドネシア各地で伝承されている音楽や伝統芸能、インドネシア各地のポピュラー音楽も好きです。

 

そして、バリのPanjer地区に本部がある、難病に罹っている女性たちの支援団体を支援しています。

また、貧困家庭の児童たちが学習を続けることができるように支援している団体がSanurにあるのですが、その団体も支援しています。

 

バリに滞在しているときは、朝から夕方まで舞踊の稽古や舞踊関係の人びとと会い、夜からは支援している団体やパンク・バンド関係者、Down Beat愛好者と語らう(私はお酒は飲めません)日々です。しかし夜に宗教儀礼や何かの公演を観るときは、ダブル・ブッキング、トリプル・ブッキングの日々です。

 

インドネシア語の個人レッスンもお気軽にご相談くださいませ。インドネシアの方から直接習う前に、日本語母語話者から発音と文法を習っておくと、のちにしっかりとインドネシア語が身につきます。